ラブドールの収納方式は?

ラブドールの収納方式は?



仰向けに置く:
仰向けに置くときのラブドール用のクッションついては、「遅い跳ね返りの海綿」 通称「記憶海綿」を購入することができます。一般のスーパーマーケットや寝具店でも購入することができます。記憶海綿を買うのに不便であれば、もう1つの経済的な節約の方法があります。ラブドールの腰と太ももの下に枕をそれぞれプラスして、ラブラブのお尻の枕にすることができます。そうすると、お尻は人形の自重によって偏らなくなります。


立ち姿:

くれぐれもお使いにならない収納方式 -立ち姿あるいは座り姿
Doll House 168は、ほとんどのラブドールは「立つことができない」ということを注意します。ハイエンドな日系ブランドのラブドールも同じように、工場は「わずかに立つしかできない」ことを特に強調している。日系工場で開発された立ち機能は、人形の写真を撮るために設計されたもので、収納問題を解決するために設計するのではなく注意してください。TPE製ラブドールにとって、TPEの原料が非常に柔らかいため、ラブドールが立っている時に自重が足の裏にかかってしまうので、足の裏の肉が簡単に裂けて、さらに金属の骨組みが足の裏に突き刺さることもあります。だからもしあなたが選んだのがTPE製のラブドールならば、「短い立ち」でも試さないことをお勧めします。そうでないとラブドールの足の裏を傷つけてしまいます。

座り姿:

「ラブドールを長い時間ソファに座らせる」これもシリコンゴムやTPEのラブドールを知らない人たちの直接的な考え方である。Doll House 168はこれも間違いの収納方式だと教えます!ラブラブが長期的に座姿を維持する場合、股部が長い間、上半身の自重と太ももの肉を押し付け裂けてしまうので、ラブドールを座らせるのは、必ず1~2日限りにしてください。1~2日後には、必ず仰向けにしたり吊り下げて、ラブドールの体に圧力がかからないようにしてください。